エリア情報

 

*マウイ島の良さ ここをクリックすると外部リンクへ
世界のリゾート、南の島部門で3位以内にランキングされるこの島は、日本人観光客が少ないことで有名で、 外国を訪れた感じが強くします。また島に高い建物がなく、海と山が必ず目に入り、海風に癒されます。
3000mのハレアカラ山頂上まで車で行けるので、午前中真っ白なビーチで泳ぎ、その日の午後ジャケットを着て宇宙に近づき満天の星を眺めます。このような体験は世界中探してもマウイ島以外ありません。
また、毎年クジラのシーズン(12月から3月)は、ザトウクジラが900頭近くアラスカより訪れてくれるので、地球の神秘の生き物に触れることができます。
自然保護に厳しいこの島は、軍事基地や豪邸に遮られることもなく、治安も良いこの島のどこに居ても美しいビーチへ安心してアクセスできます。
ハワイ諸島のどの島でも、通常の観光ツアーでは触れることのできない真のハワイの姿があります。

*マウイ島の問題点
この島を訪れる方のメインは、アメリカ本土、カナダの方々なので、
日本語が全く通じないということです。
アロハのマウイのツアーは日本人ガイドが丁寧にご案内します。また、自然や文化をリスペクトしていますので、ローカルの人々に快く受け入れられ、地元との一体感を感じることができます。
プライベート・ツアー感覚なので他人に気兼ねすることがなく、思いっきり羽が伸ばせます。
マウイ全域をカバーするお得なツアーもあります。

*マウイ島の地形の特徴
マウイ島はひょうたん型をしていて、面積は東京都と同じぐらいです。島の周りを海岸線に沿って車の制限速度で走り続ければ10時間くらいで周れる大きさです。西マウイと東マウイは元々独立した島でしたが、火山活動によってつながったとき中央部に大きな平野ができ、現在ではそこに広大なサトウキビ畑が広がっています。午後から強い風が吹き抜けるので、夏はウィンドサーファーが世界中から集まってきます。
聖なる方角と崇められている北東から、貿易風がイアオ渓谷に吹き込まれるので一年中豊かな水をもたらし水不足になりません。
マウイ島最高峰の休火山は台形をしたハレアカラ(太陽の家の意)といい、その頂上へはハイウェイを通って国立公園内を抜けるコースと、4WDと徒歩で州立公園側から頂上を目指すコースがあります。頂上から見るクレーターの中にはニューヨークのマンハッタン島がスッポリ入ってしまうほどの大きさがあります。

*マウイ島がオアフ島に比べ割高なのはなぜ?
それはアメリカ本土、カナダ、ヨーロッパの方々が、一度は訪れてみたい島のトップにマウイ島を選び続け、何度もランクインされているので、為替レートで円安が進むとどうしても割高になってしまいます。
それと日本人観光客の来島数が極端に少なく、国立公園や州立公園で商業活動をするためのパーミット(許可)や州へ支払うコミッション等のコストが高いので、頭割りすると必然的に高額になってしまうのです。
欧米人は自分で情報を集め、レンタカーをし、道具をレンタルし、個人のリスクで上手に遊びます。島のルールもその方たちに合わせてできています。日本からもたまにそういう方がいらっしゃいますが、語学の壁や日本語での情報が極端に少ないので中々上手く行かないのが実状です。
弊社はその間を取り持ち、日本の方でも同様に楽しめるよう、情報を発信し、一番良いサービスを選んで道具を手配し、現地へお連れして個人でお楽しみいただくように工夫しています。コスト・パフォーマンスが良く、充実しているので、リピーターの方が何回も利用してくださいます。

*マウイ島のシーズン
マウイ島は一年中常夏というより、暑すぎず寒くもない過ごしやすい場所で、一年中ベスト・シーズンです。
4月中旬から10月の中旬までの乾季は、島中が晴れていて風が強いので、大気に透明感があります。
お子様連れのウィンドサーファーが夏休みを利用してよく来られます。
10月下旬から4月上旬までが雨季になり、島は緑に包まれます。
冬はホエールウォッチングができます。 ベストシーズンは1月下旬から3月一杯でしょう。
12月くらいから大波がやって来ます。サーファーには最高の時期です。
マウイのリゾート・エリアは南西部にあり、ほとんど雨が降りません(年間400o程度)。しかし島の北東側(ハナなど)の降雨量は年間2000oを超えピーカンのハワイのイメージではありませんが、マイナスイオンたっぷりで神秘的な雰囲気です。
雨季には数日に亘って大雨が続くことがあります。大雨の後、海が濁っていると大型のサメが浅瀬まで来ることがありますので十分注意してください。
気温、降水量の詳細はマウイの天気 のページをご覧ください。

*宿泊
はじめての方は北西の『カアナパリ』が8割で、残りの2割の方が南西の『ワイレア』地区に宿泊されます。リピーターは物価の安いキヘイを好む傾向があります。
オアフ島のワイキキのように一カ所に大勢の観光客が滞在するのではなく、北から南へ約60kmの海岸線を 『カパルア』、『ナピリ』、『カハナ』、『カアナパリ』、『ラハイナ』、『マアラエア』、『キヘイ』、『ワイレア』、『マケナ』という町が点在しており、それぞれ独特の雰囲気の宿泊施設が皆さんを迎え入れてくれます。口コミや情報誌で気に入った場所を見つける宿選びが旅の始まりです。

このサイトのエリア情報またはご宿泊情報 が皆様のお役経てば幸いです。
風変わりな街としてヨガイストやサーファーが好む『パイア』、高原のさわやかさを味わえる『クラ』、人里離れたオーガニック村『ハイク』、そしてメインのカフルイ空港から約50マイル(80km)を600ものカーブをくねくねと3時間かけていくと、『天国のハナ』とよばれる田舎町があります。そして『ハナ』からさらに30分進むと『キパフル』に辿りつきます。そこは海に面したハレアカラ国立公園(オヘオ・プール)があり、究極の自然に包まれた『聖なる七つの池』があることで有名です。

*マウイ島へのアクセス
マウイ島へ日本からの直行便はありません。ホノルル空港で国内線(Inter Islsnd)へ乗り換えて約35分でカフルイ空港に到着するルートが一般的です。
マウイ島北西部(カアナパリ〜カパルア方面)へお泊りの方がアイランド・エアー航空のプロペラ機で、ホノルル空港からカパルア空港に到着するルートもあります。
日本―ホノルルの国際線とホノルル―マウイの国内線を別々に購入すると、帰りのホノルルで預け荷物を一旦受け取り、国際線ターミナルで再び荷物のチェックインをしなければなりません。
マウイから日本へストレートに帰国される方はエアーチケットは国際線及び国内線チケットを通しで買われることをお勧めします。 その場合国内線ターミナルから直通で国際線ターミナルへ行く通路や無料バスがありますので、是非ご利用ください。
帰りの乗り継ぎが心配というだけでホノルルに1泊をされる方がいらっしゃいます。しかし帰国当日、ワイキキからホノルル空港へのH1ハイウェイが渋滞することがあるので、結局時間の無駄が出ます。
ホノルルに2泊以上滞在されないのであれば、マウイ島から同日に乗り換えて日本へ帰国されることをお勧めします。

*ローカルの中心地
『カフルイ』にはメイン空港はもちろん、クリスピー・クリーム・ドーナッツ、コストコなど大型スーパが立ち並ぶマウイ島の中心地で、マウイメモリアルという大きな総合病院もあります。
『ワイルク』は古き良き時代のマウイがそのまま朽ちている感じです。大正生まれの日系2世の方たちが多く住んでいて、役所関係のある官庁街です。

*持ち物
海遊び、川遊び、ハイキング、ショッピングなど多くの活動に役立つ、防水性があり、つま先が覆われ、ストラップで足に固定する履物がマウイ島滞在中にもっとも役に立ちます(クロックスなど、ただ濡れたコンクリート上は滑るのでご注意ください)。
気温はそれほど上がりませんが紫外線は強いので日焼け止め、帽子、サングラスは必需品です。湿度はそれほど低くないのですが外へ出るときはペットボトルの水を持っていた方がいいでしょう。午後から風が吹きますし、カパルア、イアオ渓谷、ハナではシャワー(小雨)が降るのでフードつきの薄いウィンドブレーカがあるといいです。日傘や雨傘は風で飛ばされるので避けた方がいいでしょう。